ロイヤルカナンドッグフードって良いの?悪いの?どっちなの?

世界中で人気のドッグフード、ロイヤルカナンの品質、安全性、価格などを犬種別、病気疾患別、生活習慣別などの多方面から評価分析するサイトです。多くの種類があるなかで、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。他のフードからの切り替えにも参考になります。

ロイヤルカナン関節サポートと関節炎

足腰を痛める犬が増えてきました。なぜ? 

犬の寿命が延びたからなのか、コンクリートの地面が増えたからなのか。

犬の関節には不利な世の中になってきたようです。

 

いつも元気に散歩していた愛犬が、急に散歩を嫌がるようになった。

階段を駆け上がるリズムが何かおかしい。

抱きかかえると悲鳴を上げる。

なにかビッコを引いているような気がする。

歳のせい、だけでは片づけられない感じ。

 

犬が関節炎になったら

関節炎に関しては重度→軽度へと対応した方がいいです。

どういうことかといえば、関節炎がひどい状態の場合、素人では対応できません。

放っておくと、悪くなることはあっても良くなることはありません。

 

おかしいと思ったら軽い段階でも獣医さんに診てもらいましょう。

レントゲンを撮ったり、検査を受けて、症状を確認します。

ひどい場合は外科手術が必要です。

 

それで成功しても100%完治する保証がないのが難しいところです。

愛犬が手術が必要なのか、それほどでもないのか。

少し様子を見ましょう、という診断が出たときには、飼い主の出番です。

 

犬の関節炎を起こす原因は?

まず、関節炎を起こした原因は何かを探っていきましょう。

 

①床

これは意外に多い原因です。

 床がフローリングという家が増えました。

犬にとってフローリングは氷のリンクの上にいるようなものです。

爪は立たないし、肉球はツルンツルンに滑ります。

 

常に滑らないように足が緊張した状態になっています。

この余分な緊張が腰や背骨付近まで強張らせ、筋肉や筋を固くします。

固くなるとクッションが効かなくなり、やがて関節が炎症を起こします。

 

床を緊張しなくてもしっかり踏ん張れるように抵抗ある床材やカーペットを勧めます。

カーペットはタイルカーペットがいいでしょう。

汚れたらその部分だけ取り替えたらいいです。

 

 ②運動不足と肥満

これは100%飼い主に責任があります。

飼い主が自分に問わなくてはいけません。

ちゃんと散歩をさせているか。食事以外におやつを与えすぎてないか、など。

体重が増えたうえでの関節炎なら減らせばいいわけですから、比較的楽です。

 

③犬種

犬によっては関節炎を起こしやすい犬がいます。

レトリーバーは股関節周りで障害を起こしやすく、超小型犬の中には膝蓋骨の脱臼を起こしやすく、それがもとで関節炎になる犬がいます。

胴長短足犬はヘルニアに注意しましょう。

頸部(首のあたり)のヘルニアは前足のしびれに、腰部のヘルニアは後ろ足に出ます。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103133603j:plain

 

④高齢

どの犬にも起こりうることです。足、首、背中、腰、関節ならどこも老化とともに衰えていきます。

ですが、早めに手を打つことで発症を遅らせることが可能です。

最近は犬の寿命も延びました。15~16年生きる犬もよく見ます。

8~10歳ぐらいから予防処置をするのが賢明です。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103133628j:plain

 

飼い主にもできる犬の関節炎の対応 

関節炎の犬に飼い主がしてやれることは「環境の整備」と「食事」です。

できるだけ足腰に負担のかからない環境にしてやる。

食事においては、

症状の悪化を遅らせることが目的です。

たとえば、

●オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は関節の炎症を抑え、その中の一つであるエイコサペンタエン酸(EPA)が軟骨組織の損傷を引き起こす酵素の活性化を抑えるのに役立ちます。

 

●グルコサミン・コンドロイチン

両方とも人間用サプリでもよく目にする成分です。

セットで摂取すると、よりよい効果があります。

関節の軟骨成分を作る働きがあります。

 

●体重管理用のメニュー

肥満が原因での関節炎には余分な脂肪を落とすメニューにすべきです。

一番簡単に効果が期待できる原因です。

 

●動物性たんぱく質(肉

一般の老犬用のフードは肉の割合を減らすことがよくあります。

これを食べさせると、活力がなくなって、スカスカの体になることがあります。

犬は高齢になっても肉が必要で、というより高齢こそ肉を必要としていることをわすれてはいけません。

 

ロイヤルカナン関節サポート

ロイヤルカナンでは関節炎用の食事療法食として「関節サポート ドライ」があります。

各種エキス、成分に関してはうまく配合してあると思います。

オメガ3系不飽和脂肪酸であるEPA・DHAを配合していますし、

関節の健康を維持するための複数の成分であるC2Pも配合しています。

ただし、気になるのは動物性たんぱく質の割合の少なさです。

関節を支えるためにしっかりした筋肉を作る必要があります。

高齢になればなるほどたんぱく質を体内に貯蔵することができなくなります。

なので若い時よりも多くの肉を食べさせるべきなのです。

理想で言えば、肉(エキスとか油脂ではなく肉そのもの)の割合が50%は欲しいところです。

そうすれば、毛並みや顔つきまで変わってきます。

若々しくなります。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103133825j:plain

 

なのでロイヤルカナンと肉割合の高いドッグフードとを交互にローテーションを組んで食べさせるのが効果的だと思います。

 

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』  

 

避妊・去勢手術後のロイヤルカナンVetsPlanニュータードケア に続く