ロイヤルカナンドッグフードって良いの?悪いの?どっちなの?

世界中で人気のドッグフード、ロイヤルカナンの品質、安全性、価格などを犬種別、病気疾患別、生活習慣別などの多方面から評価分析するサイトです。多くの種類があるなかで、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。他のフードからの切り替えにも参考になります。

ロイヤルカナンと五大栄養素その2 脂肪

脂肪ってどんなもの?

脂肪はタンパク質や炭水化物に比べて、約2.5倍ものエネルギーを含んでいます。

細胞膜を構成する成分となり、また性ホルモンや胆汁酸の原料にもなります。

それに、一部の脂溶性ビタミンを吸収するためにも重要です。

 

★脂肪とは

脂肪は1個の「グリセリン」と3個の「脂肪酸」から成ります。

脂肪酸の種類によって、脂肪もいろいろな種類に分かれます。

 

★脂肪の原材料

ドッグフードに使われる脂肪は主に2つに分かれます。

●動物性脂肪

動物性脂肪は牛や豚などの動物に含まれ、運動など身体活動の大きなエネルギー源になります。

牛乳、バター、肉類が代表的です。

過剰に摂取すると肥満の原因になるのでマイナスイメージが強いですが、体には必要な脂肪です。

動物性脂肪は飽和脂肪酸を多く含みます。

●植物性脂肪

植物性脂肪は植物に含まれている脂肪です。

べに花油、オリーブオイル、亜麻仁油などがあります。

植物性脂肪は不飽和脂肪酸を含んでいます。

 

さらに一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれ、一価を含むのはオリーブオイルやグレープシードオイルがあり、多価を含むのは菜種油や植物油があります。

多価は体内で生成されないので必須脂肪酸となり、食べ物から取り入れなければなりません。

 

植物性脂肪は動物性脂肪に比べて健康的というイメージがありますが、両方とも必要でバランスよく摂取することが望ましいです。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103120026j:plain

 

★脂肪酸

ここで飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸が出てきましたが、両方とも脂肪を構成する成分のひとつです。

 ①飽和脂肪酸とは

飽和脂肪酸とは炭素同士の構造に二重結合のないもので、動物性脂質に多く含まれ、常温では固まっています。

●飽和脂肪酸の健康効果

・エネルギーを生成する効果

・血管を丈夫にして脳出血の予防になります

飽和脂肪酸が不足すると血管がもろくなり、脳出血や脳卒中の原因になると言われています。

・コレステロールを上げる

・脂肪の蓄積を抑制する

飽和脂肪酸のうち、一般的な長鎖脂肪酸は体内に入ってエネルギーになり余りは脂肪として蓄積されますが、中鎖脂肪酸は体脂肪の蓄積を抑制する働きがあります。

 

●飽和脂肪酸を含む食材

ラード、バター、牛脂、魚介類、牛乳など

 

●どんな時期の犬に有効か

○成長期の子犬

○体力を増強させたい時

○疲れやすい体質の改善

 

②不飽和脂肪酸とは

不飽和脂肪酸は炭素同士に二重結合を含む脂肪酸のことです。

一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれ、一価の代表的なのはオリーブオイルに含まれるオレイン酸があります。

 

一価不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸の代わりに摂ると、動脈硬化の原因となる悪玉(LDL)コレステロールを減らし、善玉(HDL)コレステロールは減らさない性質があります。

多価不飽和脂肪酸より酸化されにくい利点があります。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103120042j:plain

 

多価不飽和脂肪酸はさらに、「オメガ3系」と「オメガ6系」などの種類があります。

 

◎オメガ3系脂肪酸

多価不飽和脂肪酸のひとつで、魚の油に含まれるEPA・DHAが有名です。

菜種油に含まれるα-リノレン酸もこの仲間です。

 

α-リノレン酸は体内で合成できない脂肪酸で、体内でEPA・DHAに変化します。

オメガ3系脂肪酸は中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やし、血栓を防いで動脈硬化の予防になる働きがあります。

 

◎オメガ6系脂肪酸

 多価不飽和脂肪酸のひとつで、コーン油などの一般的な植物油に含まれるリノール酸が有名です。

リノール酸は体内で合成できない脂肪酸で、体内でɤ-リノレン酸、さらにアラキドン酸へと変化します。

 

オメガ6系脂肪酸は、細胞膜などの材料になります。悪玉(LDL)コレステロールを減らす働きがあります。

ただ過剰に摂取すると、悪玉だけでなく、善玉(HDL)コレステロールも減少させるので注意が必要です。

 

●不飽和脂肪酸の健康効果

・皮フや被毛の健康維持

オメガ6系脂肪酸が皮膚と被毛の健康に保ちます。

・アレルギー症状の改善

オメガ6系に含まれるɤ-リノレン酸はアレルギー症状を緩和させる効果があります。

・目の機能改善

オメガ3系に含まれているDHAが目の機能に働きかけます。

 

●不飽和脂肪酸を含む食材

オリーブ油、さば、さんま、亜麻仁油、菜種油、クルミなど 

 

●犬のどんな時期に有効か

○皮ふと被毛の健康維持

○筋肉の消耗時

EPA・DHAの補給によって悪液質の予防と改善

○慢性腎臓病

EPA・DHAの腎臓保護機能を期待

○成長期の子犬

成長エネルギーをたくさん必要とするため

 

ロイヤルカナンと五大栄養素その3 炭水化物 に続く