読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロイヤルカナンドッグフードって良いの?悪いの?どっちなの?

世界中で人気のドッグフード、ロイヤルカナンの品質、安全性、価格などを犬種別、病気疾患別、生活習慣別などの多方面から評価分析するサイトです。多くの種類があるなかで、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。他のフードからの切り替えにも参考になります。

成長期の犬とロイヤルカナンスタータームース及びロイヤルカナンジュニア

犬の成長期とは

犬の成長期は犬種やサイズによって違います。

小型犬で約10カ月、中型犬で約1年、大型犬で大体1年半~2年です。

この間に人間の10倍以上のスピードで成長します。

 

成長期は急速に成長する生後2カ月までと、少しスピードが緩やかになる2カ月以降に分けると、食餌の与え方がわかりやすくなります。

 

生後2カ月で体重は10倍~15倍になり、主に骨が造られていきます。

2カ月以降は緩やかになり、体重は2倍~5倍に増え、主に筋肉ができていきます。

 

それと同時に生後5か月あたりから脂肪がつき始めます。

ドッグフードの成分に気を付けないと肥満になります。

 子犬は消化機能が完全に発育してないので、高栄養のフードを少しずつ回数に分けて与える必要があります。

 

離乳期まで

生まれたばかりの子犬は、母親から母乳をもらうことで免疫を得ます。

母乳は完全な栄養食です。

母親からもらった免疫抗体は徐々に低下していきます。

離乳期は生後6~8週間ですが、12週ぐらいまでは、母犬以外の犬との接触は控えたほうがいいです。

 

離乳期から生後2カ月まで

 この時期に骨と筋肉と臓器をしっかり作らないといけません。

骨の形成にはカルシウムとリン、マグネシウムなどのミネラルが、筋肉や臓器の発達には良質なタンパク質が必要です。

 

抵抗力の低下する時期には抗酸化物質のビタミン類があるといいでしょう。

目安は適量をぬるま湯でふやかして、1日4回です。

 

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103170801j:plain

 

生後2か月以降

この時期から成長スピードは 緩やかになっていきます。

それとともに、生後4カ月あたりから脂肪がつきやすくなるため肥満に注意しなければなりません。

この時期に太りすぎると、成犬になっても肥満体質になりがちです。

肥満はいろいろな病気のもとになるので、子犬のうちからドッグフードを与える量は適正量を守りましょう。

 

また、生後4カ月あたりから歯が永久歯に生え変わります。

「噛む」という行為は歯を強くし、脳を始め体中に良い影響を与えます。

徐々に噛みごたえのあるドライフードに変えていく時期でもあります。

 

成犬になるまでに必要な栄養素とは

生後6カ月あたりから給餌量は1日に2~3回になります。

ここからの半年から1年で成犬になり、体が出来上がります。

成長に必要な栄養素は偏ることなく与えます。

 

重要な栄養素は以下のようになります。

●タンパク質:骨や筋肉を作ります

●カルシウム、リン、マグネシウム:骨を作ります

(注)カルシウムは子犬の時に必要以上に与えると、かえって骨の成長に悪影響を与えるので、摂りすぎに気を付けましょう。

●抗酸化成分、ビタミンC、E、βカロテン、ルテイン:免疫力を強くします

●ポリリン酸ナトリウム:歯の健康維持

●フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖:腸内環境を整える

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103170924j:plain

 

ロイヤルカナンスタータームース

離乳から生後2か月までを対象とします。

ムースタイプで嗜好性も高く、離乳期の子犬のスムーズな固形食への移行をサポートします。

優れた栄養バランスで健康を維持します。

常温で1日数回に分けて与えてください。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103165724j:plain

 

ロイヤルカナンジュニアまたはロイヤルカナン子犬用

成長期の子犬用はサイズ別や犬種別に多数のドッグフードがあります。

どのドッグフードも、特徴としては以下の通りです。

 

●高品質なタンパク質を使用

●高いエネルギー含量

成長期の子犬に必要なカロリーと栄養バランスに配慮しています

●歯の健康維持

歯の健康のためにポリリン酸ナトリウムを配合し、それぞれの犬種やサイズに合わせてギブル(粒)の形状を考えています。

●免疫力の強化

抗酸化成分(ビタミンC、E,ルテイン、タウリン)を配合して自然な免疫力を高めていきます。

●最適なミネラルバランス

カルシウム、リンを成長に最適なバランスで配合しています。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103171139j:plain

 

まとめ

子犬の離乳期から生後1年までは、なにをどう食べさせるかが非常に重要です。

この時期に体内に取り入れた栄養素の違いが、その後の体質に大きな影響を与えます。

1週間、1カ月の大切さを考えて適切な食餌を与えましょう。

 

中高齢犬とロイヤルカナン① に続く