ロイヤルカナンドッグフードって良いの?悪いの?どっちなの?

世界中で人気のドッグフード、ロイヤルカナンの品質、安全性、価格などを犬種別、病気疾患別、生活習慣別などの多方面から評価分析するサイトです。多くの種類があるなかで、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。他のフードからの切り替えにも参考になります。

ゴールデンレトリーバーとロイヤルカナン

ゴールデンレトリーバーの原産国はイギリスです。

体高は50~60センチで大型犬に属します。

もともとは水鳥猟で獲物を回収する役割を担う犬です。

水の中を泳いで獲物を持ち帰るので、泳ぎが得意で、水の中でも体温が奪われにくいアンダーコートを持っています。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103104635j:plain

 

ゴールデンレトリーバーの特徴

性格は優しく、頭がよく、フレンドリーで穏やかです。

人とも犬とも仲良くなれます。

飼い主以外の人ともすぐ仲良くなり、犬も他の犬種とも仲良く過ごし、多頭飼いにも向いています。

 

このような性格のため番犬には向いていません。

人が大好きで寂しがり屋なので、いつも家族や他の犬と一緒にいたがります。

 

大型犬とはいえ室内飼いをする人が多いでしょう。

部屋の中にあるものを勝手に散らかしたり、人間用の食べ物を取ったりしないようにしつけをきちんとする必要があります。

しつけは子犬の時からすべきです。

 

どんなにかわいくても、やってはいけないことは、きちんとしつけなければなりませ

ん。

そして飼い主がリーダーにならないと、いくら優しく従順なゴールデンレトリーバーでも支配的、攻撃的になることがあります。

小さいころからいろいろな人や犬と接して社交性をつけておくべきです。

 

しつけと社交性。

これをきちんと身に付けておけばゴールデン本来の穏やかな気質がより磨かれ、素晴らしい関係を築けるでしょう。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103104702j:plain

 

ゴールデンレトリーバーがかかりやすい病気

主に以下のような病気にかかりやすいです。

①股関節形成不全

先天的に股関節が不安定で亜脱臼を起こしている病気です。

生まれて4カ月ぐらいからでも歩き方などでわかります。

お座りがうまくできない、腰を振らないと歩けない、などの症状が出ます。

初期ならばリハビリや鎮痛剤をもちいて様子を見ます。

関節炎が進行して手術が必要な場合もあります。

歩き方がおかしかったりした場合は、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

②胃捻転

大型犬でよく見られる病気です。

食事のあと急に運動するとなりやすと言われています。

胃がたまったガスで膨らんでいき、胃がねじれてしまいます。

胃がねじれたままだと、ガスが排出されす、やがて膨らんだ胃が周りの血管を圧迫して前進の循環不全が起きます。

ねじれた胃では壊死が進み、放っておくと死に至ります。

犬の腹が急に膨れたら注意してください。

そして獣医さんにすぐ診てもらいましょう。

 

ゴールデンレトリーバーとロイヤルカナン

ゴールデンレトリーバー向けに「ゴールデンレトリーバー成犬・高齢犬用」ふーどがあります。

主な特徴は以下の通りです。

①健康な皮膚と被毛の維持

何といってもゴールデンの魅力はあの美しい毛並みです。

皮膚と被毛は健康のバロメーターです。

皮膚・被毛の健康維持のためにEPA・DHAなどの栄養素を独自のバランスで配合してあります。

②理想的な体重の維持

食欲の旺盛なゴールデンレトリーバーはつい肥満になりがちです。

特に大型犬にとって肥満は大敵です。

股関節・ひざ・腰・心臓などに負担がかかります。

適切なカロリー含有量にして理想的な体重を維持します。

③心臓の健康維持

心臓の健康維持のためにタウリンとLーカルニチンを配合してあります。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103104911j:plain

 

ゴールデンレトリーバーは世界中で人気のある犬です。

そのため頻繁に交配がなされた結果、遺伝的、先天的な病気を持つ犬も少なくありません。

優しく、穏やかでフレンドリーなゴールデンレトリーバーと長く付き合っていくためにも日頃のケアが大切です。

 

ミニチュアシュナウザーとロイヤルカナン に続く