ロイヤルカナンドッグフードって良いの?悪いの?どっちなの?

世界中で人気のドッグフード、ロイヤルカナンの品質、安全性、価格などを犬種別、病気疾患別、生活習慣別などの多方面から評価分析するサイトです。多くの種類があるなかで、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。他のフードからの切り替えにも参考になります。

ロイヤルカナンは船で来る

海外のドッグフードは、ほぼすべてといっていいほど船便で日本に来ます。

1カ月はかけて日本に来ます。

ドッグフードのコストを考えても飛行機でFedexというわけにはいきません。

一度に大量に運ぶには現在でも船便がベストでしょう。

 

ドッグフードは食べ物です。

食べ物の基本は作ってから早く食べることです。

時間がたてばたつほど鮮度が落ちていきます。

鮮度の大敵、それは大きく3つあります。

①酸素②光③高温です。

この3つとも食べ物にとっては大敵で、「錆びたり」「変色したり」「焼けたり」します。

 

これを防ぐために、光を遮断したアルミで包装し、安全な窒素ガスを封入して酸化を防ぎ、冷温室に保管する方法もあります。出来ないことはありません。

でも、輸送コストが格段に高価になるのを安易に想像できます。

現在、海外のドッグフードメーカーでこんな輸送をしているところは皆無でしょう。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103173639j:plain

 

ロイヤルカナンはどうでしょうか。

フランスから来るのでしょうか。それともアメリカかアフリカか。

どちらにしても船で来ます。

どんな状態で来るのでしょうか。

見たことないので全くの予想ですが、たぶん、ごく普通の状態で来るでしょう。

 

「ごく普通の」というと、その他の食料や肥料のように、例えば小麦や米、とうもろこしが輸送されるのと変わらないでしょう。

コンテナか似たようなものでしょう。そんなにコストをかけれないはずです。

おそらく注意するのは「虫食い」や「水濡れ」あたりだと思います。

 

船便で一番気になるのは③高温です。

もし輸送ルートが「赤道」付近を通過するのであれば要注意です。

一時的に猛烈な高温に見舞われます。

もし何の対策も取らずにいたら、ドッグフードなどレンジでチンしたようになってるかも。

品質に影響がないわけはありません。

 

これを防ぐために強めの防腐剤・酸化防止剤を必要とします。

海外産のドッグフードがこのような厳しい環境をくぐって日本に来て、その上で賞味期限が1年~1年半持たそうとすればかなりの添加物がいるでしょう。

 

この点においては国産のドッグフードに分があります。

原材料や成分はともかく、出来上がってから犬が食べるまでの期間は短くて済みます。

赤道を通ることもありません。

新鮮さにおいてはどの海外ドッグフードも注意すべきです。

 

f:id:tonikakuganbaru:20160919192731j:plain

 

ロイヤルカナンは韓国に工場ができます。

稼働後は8割は日本向けになるそうです。

距離的には韓国なら外国という意識はいらないでしょう。

赤道も通らないし、品質面での向上が期待できます。

ただ「韓国」というイメージでネット上ではいろいろなコメントも出ているようですが。

 

少なくとも犬にとってはプラス面が大きいと考えています。

「韓国産ロイヤルカナン」

是非チェックしてみたいですね。

 

ロイヤルカナンは高価? に続く