読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロイヤルカナンドッグフードって良いの?悪いの?どっちなの?

世界中で人気のドッグフード、ロイヤルカナンの品質、安全性、価格などを犬種別、病気疾患別、生活習慣別などの多方面から評価分析するサイトです。多くの種類があるなかで、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。他のフードからの切り替えにも参考になります。

ロイヤルカナンと犬のデンタルケア

ロイヤルカナンと病状・疾患

犬も虫歯になるの?

犬は虫歯になりにくいです。

口の中が酸性になると虫歯ができやすいのですが、犬の口内はアルカリ性の為できにくいのです。

犬には、でんぷんを分解するアミラーゼがないことも虫歯ができにくい理由の一つとされていました。

現在ではそれも根拠がなく、条件がそろえば犬も虫歯ができる、と言われています。

その条件の一つに、飼い主が犬にキスをしたりして、人間の虫歯菌が犬に移ることがあげられます。

まさかと思うようなことですが、昔はなかったことが今は起きる原因は以外にもこういうことだったりします。

 

犬も歯周病になるの?

犬も歯周病になります。

食べ物の残りに細菌が加わり歯垢になり、カルシウムと引っ付いて歯石になります。

歯茎の歯肉ポケットのところに歯垢や歯石がたまり炎症を起こします。

歯肉ポケットがどんどんふかくなり、歯の根っこが見えてきて、しまいに歯がぐらついてきます。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103144528j:plain

 

どんな症状に注意すればいいの?

どんな症状が出たら虫歯や歯周病を疑うべきでしょうか。

①口が臭い

これは虫歯でも歯周病でも共通しています。歯垢や歯石が溜まって生臭いニオイを発します。歯周病が進んだ時も臭いますが、このときは腐ったような臭いになります。

②歯の変色

虫歯ができている場所は茶色や黒色に変色します。穴が開いているときもあります。

③歯茎が赤くなる

健康な歯茎はピンク色をしています。それがだんだん赤くなっていき、腫れたような感じになっていきます。歯垢や歯石が歯肉ポケットに入り炎症が進んでいる状態です。

④歯がぐらつく

指で押すと歯がぐらついたり、歯茎がやせて歯が長くなったように見えたら歯肉炎から歯周炎とかなり進行しています。

⑤食べるスピードが遅くなる

虫歯や歯周病が進むと痛みも出てきて、噛むのが苦痛になり、食べるスピードが遅くなっていきます。

 

以上の①から⑤までの症状のうちどれか一つでも現れたら獣医さんに診てもらいましょう。

上の症状はどれもはじめは気にならない程度から徐々に強くなっていきます。

ひどくなると歯の根元まで炎症が進み、膿がたまって歯根膿瘍(しこんのうよう)になることもあります。

また菌が歯茎から全身に回り、心臓病や腎臓病を併発することもあります。

 

犬の虫歯や歯周病の治療はどうするの?

虫歯の治療

虫歯は全身麻酔をかけたうえで、その個所を削って虫歯を取り、詰め物をします。

基本的に人間と同じです。

 

歯周病の治療

歯についた歯石を、スケーラーという歯石取りを使って取ります。

それで炎症の原因を除去します。

犬にもよりますが、動くときれいに取れないので全身麻酔をしたうえできれいに取ります。

 

もし虫歯や歯周病が進行し、膿がたまって歯根膿瘍にまでなると外科手術で膿を除去し、抗生剤を投与するようになります。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103145033j:plain

 

犬の虫歯や歯周病は予防できるの?

虫歯でも歯周病でも普段のデンタルケアで予防は可能です。

定期的に歯を磨く習慣をつけましょう。

成犬になって歯を磨くのを嫌がる犬もいます。

できれば子犬の時から歯を磨くトレーニングをして習慣にすべきです。

 

段階としては

①とにかく口を開けさせ定期的に歯を見る

②指にガーゼを巻いて歯をこすることから慣れさせる。

③慣れてきたら歯ブラシを使って歯を磨く

④スケーラーを使って歯石を取る(自信がなければ獣医さんにしてもらう)

 

そして異常を発見したら早めに病院で見てもらうのがいいです。

虫歯も歯周病も早期発見がポイントです。

 

ロイヤルカナンのドッグフード

ロイヤルカナンは各犬種別にギブル(粒)の大きさや形状が違います。

それぞれの犬が一番噛みやすい大きさと形になっています。

ドッグフードは軟らかすぎても歯によくありません。

適度な硬さがよく噛んで食べる習慣になり歯垢も付きにくくなります。

また歯の健康維持のために、ポリリン酸ナトリウムを配合しています。

 

下痢・軟便とロイヤルカナン消火器サポート に続く