読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロイヤルカナンドッグフードって良いの?悪いの?どっちなの?

世界中で人気のドッグフード、ロイヤルカナンの品質、安全性、価格などを犬種別、病気疾患別、生活習慣別などの多方面から評価分析するサイトです。多くの種類があるなかで、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。他のフードからの切り替えにも参考になります。

ロイヤルカナンと食事療法食

ロイヤルカナンの評価と分析

国内のペット病院で勧められるドッグフードといえばロイヤルカナンかヒルズダイエットをよく目にすると思います。

 

たくさんのドッグフードが出回ってます。

ビタワン、愛犬元気、ペディグリー、・・・挙げていったらきりがないほどです。

これほどたくさんの製品があっても食事療法食として獣医師と一緒にサポート体制を取れるメーカーが少ないのはなぜでしょう?

 

食事療法食ってなに?

人間でも普段の食べ物はどこにでもたくさんあります。

ところが病気をして入院すると病院食を食べます。

急に選択肢は狭くなります。選ぶこともなかなかできません。

食事といえども病院食は薬に準じたものという位置づけです。

 

ペットも同じです。

肝臓病・糖尿病・消化器疾患・下痢など病気になったら獣医師の勧めた食事を摂るのが賢明です。

このような時に食べさせるのが食事療法食です。

飼い主が愛犬を元気づけようと勝手に脂濃いものや高カロリーのものを食べさせると逆効果になりかねません。

食事によって治るスピードが全く違います。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103172818j:plain

 

今、全国にペット病院がどんどん増えてます。

飼い主にはありがたいことです。

にもかかわらず、病院で勧められる食事療法食に日本産のメーカーのフードを目にしないのは残念なことです。

 

なぜでしょうか?

全く私の独断で思いつく理由を挙げてみました。

 

①多くの臨床データが必要

これは一朝一夕でで出来ることではありません。

長い年月と大量のデータを必要とします。

研究には人員と資本が必要です。

また、実験というと語弊がありますが、いろいろな食事を食べてくれるペットも相当数必要です。

そのペットにしても、犬種・年齢・体格の大きさなど細かく分けてデータを取らなくてはいけません。

 

②獣医師との密接なコミュニケーション

カタログと商品だけ送ればいいと言うものではありません。

普段からペット病院とは意思の疎通を図っておく必要があります。

新しい製品ができたらきちんと説明し、用法や注意点を話します。

獣医師から現場での問題点や新たな情報を取り入れることもあります。

これをやり続けるには多くの専門スタッフがいないとできません。

 

ちょっと考えても獣医師をサポートするためには、研究と営業に相当の人員がいないとやっていけないことが分かります。

ロイヤルカナン(フランス)もヒルズ(アメリカ)も世界展開している企業だからこそできることなのです。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103173015j:plain

 

なぜ日本のフードメーカーはこの分野に出てこないのでしょう?

日本の企業が本腰を入れたらすぐにでも出来そうなことに見えるのですが。

何か大きな壁があるのでしょうか?

市場規模がまだ大きくないと見ているのでしょうか?

世界に名が通る日本製ドッグフードを早く見てみたい気がします。

 

愛犬の床  

 

獣医師が勧めるロイヤルカナンの食事療法食 に続く