読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロイヤルカナンドッグフードって良いの?悪いの?どっちなの?

世界中で人気のドッグフード、ロイヤルカナンの品質、安全性、価格などを犬種別、病気疾患別、生活習慣別などの多方面から評価分析するサイトです。多くの種類があるなかで、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。他のフードからの切り替えにも参考になります。

犬の糖尿病とロイヤルカナン糖コントロールシリーズ

愛犬にこんな症状がりませんか? 

●食べる量が増え、たくさん欲しがるようになった

●水をがぶがぶ大量に飲むようになった

●おしっこの量が目に見えて増えてきた

●食べる量が増えたのに、体重が減ってきた

●腹部(肝臓のあたり)が膨れてきた

●目の黒いところが白く濁ってきた(白内障)

 

以上のような症状が出てきたら、獣医さんに診てもらいましょう。

「糖尿病」かもしれません。

 

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は他の病気を併発します。

人間と同じで、犬の糖尿病もはじめのうちはなかなか気づかないものです。

何らかの症状があっても、糖尿病と特定できないことがあります。

上記の腹部が膨れることも、メスでは妊娠と間違うこともあります。

合併症として最もよく見られるのは急性の白内障や、慢性的な細菌感染による皮膚炎や膀胱炎です。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103153812j:plain

 

犬にも糖尿病があるの?

糖尿病は犬にもあります。

二つの種類があります。

一つは、なんらかの理由で体内のインスリンの働きが弱ってしまうと、本来細胞の中に入るはずのグルコースが血液中に残ったままになり、血液中の糖濃度が高くなります。

この状態を高血糖と言います。

これが長期的に続くと、体のいたるところに障害が出ます。

膵臓の機能が壊され、インスリンが分泌しなくなって発生するのが、「Ⅰ型糖尿病」(インスリン依存型糖尿病)といいます。

 

もう一つは、インスリンは分泌されているものの、その効き目が弱くなっているために起きる「Ⅱ型糖尿病」(インスリン非依存性糖尿病)です。

 

犬では、1型のインスリン依存型糖尿病が多くを占めます。

 

犬種では、ダックスフンド・ビーグル・ゴールデンレトリーバー・ジャーマンシェパード・プードル・テリア・ミニチュアシュナウザーなどはかかりやすい体質です。

特に高齢になってきたら注意が必要です。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103153837j:plain

 

糖尿病の治療

犬の糖尿病では、インスリン注射をほぼ毎日打ち続けることになります。

インスリンの注射量は多すぎても少なすぎてもいけません。

多すぎると低血糖の発作が起きて、意識を失うこともあります。

また、少なすぎると血糖値が下がらず注射した効果がなくなります。

 

インスリンの適正量は食事の摂取カロリーに関係してくるので、獣医さんと相談の上決めるべきです。

注射の効果を高めるために、食事療法や適度な運動をすることによって、肥満の改善を行います。

また、避妊手術や皮膚疾患・感染症の治療を並行して行います。

 

ロイヤルカナンの食事療法食「糖コントロール」

ロイヤルカナンには「糖コントロール」シリーズがあります。

主な特徴は以下の通りです。

①糖吸収速度の遅い炭水化物である大麦を使用しています。

さらに、ゲル化作用のあるサイリウムなど複数の食物繊維を配合しています。

②健康的な筋肉維持のためにタンパク質を増量しています。

③低炭水化物に設計しています。

④複数の今酸化物質を配合して健康を維持して免疫力を高めます。

  

f:id:tonikakuganbaru:20161103154022j:plain

 

 

犬の糖尿病は予防できるの? 

糖尿病に関しては予防が大切です。

遺伝的なものもあるとはいえ、普段の生活で予防は可能です。 

 

●適度な運動

室内飼いが増え、ともすると散歩の回数が減りがちです。

でもどんな犬でも、小型犬でも、毎日の散歩は必要です。

散歩をすることでカロリーを消費し、血糖値を下げる効果が期待できます。

 

 ●適切な食事管理

肥満は大敵です。犬種によって適正体重は違いますが、見た目でも十分確認できます。

太っていた方が可愛い、などと飼い主の勝手な好みはやめて、健康的な体型を維持するように心がけましょう。

 

犬の下部尿路疾患とロイヤルカナンphコントロール に続く