読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロイヤルカナンドッグフードって良いの?悪いの?どっちなの?

世界中で人気のドッグフード、ロイヤルカナンの品質、安全性、価格などを犬種別、病気疾患別、生活習慣別などの多方面から評価分析するサイトです。多くの種類があるなかで、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。他のフードからの切り替えにも参考になります。

ロイヤルカナンと五大栄養素 その5 ミネラル②

◎主要必須ミネラル続き

②リン (P)

エネルギーの代謝に欠かせないATPや、細胞膜の構成成分であるリン脂質に含まれ、重要な働きを担います。

カルシウムとともに骨を形成する成分となります。

 

犬用には通常、骨粉や肉類のかたちでドッグフードに含まれています。

特にカルシウムとリンの比率は骨の強度の維持などに重要であり、犬においてはカルシウム対リンが1対1が望ましい。

 

不足よりも過剰摂取が心配なミネラルで、リンを取りすぎると、腎臓機能の低下や体内のカルシウム量の減少を招く恐れがあります。

リンの摂取量が不足すると骨軟化症を引き起こす可能性があります。

 

●リンの役割

リンの約80%はカルシウムと結合してリン酸カルシウムになり、骨や歯を作ります。

また、神経や筋肉などに存在し、エネルギー代謝に関わっています。

細胞の成長や疲労回復、血液中のPHバランスを保つ働きももあります。

 

●リンを含む食材

ドッグフードにおいては骨粉や肉類に含まれます。

その他、魚類や海藻類、大豆などにもう含まれています。

 

●犬のどんな時期に有効か

○成長期の子犬

○高齢期の骨や歯の健康維持

○腎臓サポート

リンを制限することによって腎機能が改善されることがあります。

 

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103130337j:plain

 

③カリウム (K)

細胞が正常に機能するために不可欠なミネラルであり、ナトリウムとともに酸塩基平衡を保つうえで重要な働きをしています。

神経刺激の伝達やエネルギー代謝、心機能においても重要な働きをしています。

 

カリウムが欠乏することは稀ですが、長期間下痢が続くと多量のカリウムが失われます。その他病気になって食欲が低下すると食事の摂取量が不十分になり、低カリウム血症になることがあります。

 

また、その低カリウム血症が原因で肝性脳症を起こすことがあるので注意が必要です。

子犬の時にカリウムが不足すると、情緒不安定になったり、筋肉が麻痺することがあるので気を付けましょう。

 

●カリウムの役割

ナトリウムとともに細胞の浸透圧を調整する働きがあります。これは声明を維持する上で欠かせない役割を担っています。

ナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑え、筋肉の収縮をスムーズにします。

また、腎臓にたまる老廃物の排泄を促す働きもあります。

 

●カリウムを含む食材

たいていの食材に含まれますが、特にバナナ、サツマイモ、大豆、肉類、魚類に含まれます。

 

●犬のどんな時期に有効か

○腎臓のサポート

老廃物の排泄を促します。

○心臓のサポート

血圧の調整に効果が期待できます。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161103130506j:plain

 

ロイヤルカナンと五大栄養素その5 ミネラル③ に続く